高血圧症と肥満症の関係

肥満症の方の多くが高血圧症を引き起こすという統計があります。肥満と高血圧がどのように関係しているのか。高血圧症を軸に肥満との関係性を調査してみました。肥満でお悩みの方や高血圧で肥満がちな方は当サイトを見て十分注意していきましょう。

高血圧症の改善とサイアザイド系利尿薬禁忌と青汁効果

疾患の治療を行う場合は薬を利用することが多くなっていますが、薬は効果効能だけではなく、副作用のありますし、禁忌もありますので、それぞれの薬の特徴はよく知っておく必要があります。
そして、すでに他の疾患があり、薬を利用している人はそのことも医師に忘れずに伝えましょう。

ある程度の年齢になると高血圧症が気になってきますが、生活習慣の改善などを行っていてもまだ改善が難しいと感じたら医薬品を利用して血圧を下げることとなります。

高血圧症の治療には利尿薬を利用することも多く、サイアザイド系利尿薬が処方されることもあります。サイアザイド系利尿薬は利尿作用は弱く主に降圧剤として利用されています。
サイアザイド系利尿薬禁忌についても知っておきたいですが、通風、高尿酸血症、腎不全、糖尿病などには禁忌とされています。
すでにこうした持病のある方、薬の服用をしている方は医師や薬剤師に相談し、サイアザイド系利尿薬禁忌についてはよく確認しておく必要があります。

サイアザイド系利尿薬禁忌が在る場合は別の高血圧症の薬を処方してもらうなどで安全に治療を進めていきましょう。

医薬品以外では健康維持に青汁が役立ってくれます。

青汁は今は多くのメーカーから販売されており、冷凍タイプ、粉末タイプ、缶やボトルタイプなどもあります。
大麦若葉やケールなど青い野菜が中心に作られており、野菜不足解消に役立ってくれます。
青汁はヘルシーで安全に利用できるものですが、ワーファリンという血栓を予防する薬を飲んで入る人やカリウムの制限を受けている人の場合は利用はふさわしくないとされています。

医薬品とは違いますが、すでに持病のある方は医師に相談しておくとより安心です。