高血圧症と肥満症の関係

肥満症の方の多くが高血圧症を引き起こすという統計があります。肥満と高血圧がどのように関係しているのか。高血圧症を軸に肥満との関係性を調査してみました。肥満でお悩みの方や高血圧で肥満がちな方は当サイトを見て十分注意していきましょう。

高血圧症の初期症状をタオルで予防する方法

高血圧症は誰にとっても恐ろしいもの、歓迎しないものです。
しかし現代人には高血圧症を抱える人がかなり多いのも事実で、毎年健康診断などで問題になってくるという人もいます。
そうした検査に引っ掛かってしまった人はふとしたことが高血圧症の初期症状ではないかと感じられて不安になることもありますが、そうした人にぜひ行ってほしいのが、タオルを使った高血圧症の予防法です。
これはハンドグリップ、タオル握りと呼ばれるような健康法であり、巻いたタオルをまず右手で二分間握り、一分間休む、次に左手でタオルを二分間握って、その後でまた一分間休むという手順を二回繰り返すだけのものです。
この際に手の高さは心臓よりも下にしなくてはならないということ、三日に一回は休みをつくるといったことに注意が必要ですが、他は特に気にする必要が無いという非常にシンプルな方法です。
ですがこのタオル握りの効果は思われているよりも大きく、特に動脈硬化などの症状が出ていない初期症状の高血圧症には高い効果を示してくれます。
ではどうして効果があるのかというと、これは手を強く握ることで筋肉が縮み、その後手を緩めることで筋肉も弛緩するという筋肉の動きが根拠になっています。
これを定期的に繰り返すと血管が頻繁に動かされることで柔軟性が高くなりますから、高い血圧がかけられても形状を変化させて受けることができるようになり、初期症状の多くを予防できるようになるのです。
とはいえタオルに義理だけをやっていれば高血圧症は全て治せるというようなものではありません。
あくまでも治療の一つの方法でしかありませんし、より根本的なところから直すのであれば塩分を控えたり、運動をしたりといったことが重要になってきますので、そうした基本のこともしっかり行うようにしましょう。