高血圧症と肥満症の関係

肥満症の方の多くが高血圧症を引き起こすという統計があります。肥満と高血圧がどのように関係しているのか。高血圧症を軸に肥満との関係性を調査してみました。肥満でお悩みの方や高血圧で肥満がちな方は当サイトを見て十分注意していきましょう。

高血圧症と落花生と指先のしびれについて

高血圧症は日ごろの生活習慣や遺伝などによる体質や他の疾患などが要因になり、高血圧を引き起こすことになります。塩分の取りすぎは、塩分を薄めるために体に水をためこみ、血液量が増加し、血圧の上昇につながります。肥満で高血圧症の人はやせると血圧が下がることが多くの調査で確認されています。喫煙はたばこに含まれるニコチンが血管を収縮させるために血圧が上がります。ストレス、飲酒も血圧をあげます。
落花生は高血圧症の人にはおすすめの食品です。落花生の主な栄養成分は食物繊維29グラム、ビタミンE122ミリグラム、ビタミンB1は0.85ミリグラム、カルシウム50ミリグラムと高血圧症に有効的な成分がたくさん含まれています。落花生に含まれる不飽和脂肪酸は血中コレステロールの増加を防ぎ、肥満の防止になります。自分の普段の生活から高血圧症の危険度をチェックすることが必要です。
指先のしびれの原因を見分けることも大事です。指先のしびれは高血圧症の合併症である糖尿病の危険なしびれであることもあります。腕や足の指先のしびれがある場合は放っておくと大変なことになる場合があります。糖尿病が指先のしびれをおこしている可能性があります。指先のしびれでこぶしがにぎれない場合、心臓の負担が高い時におきます。医師と相談し、適切な治療と生活習慣の改善をおこなうようにします。みすごしたままでは症状が悪化します。高血圧症は早期発見で生活を改善することが一番大切になります。服用している薬は毎日医師の指示のもとで忘れずのむようにします。血圧測定と体重測定を毎日おこないます。血圧手帳を使用しグラフにして、自分でチェックします。食生活では塩分のとりすぎに気を付け、落花生を食べるようにします。