高血圧症と肥満症の関係

肥満症の方の多くが高血圧症を引き起こすという統計があります。肥満と高血圧がどのように関係しているのか。高血圧症を軸に肥満との関係性を調査してみました。肥満でお悩みの方や高血圧で肥満がちな方は当サイトを見て十分注意していきましょう。

高血圧症とパイナッツプルと地竜エキスについて

血圧とは心臓から送り出された血液が動脈の血管壁を押す力を意味しています。安静状態で最高血圧/最低血圧がそれぞれ140/90mmHg以上の場合、高血圧として治療の対象となります。高血圧症には原因のわからない本態性高血圧症と、ハッキリしている二次性高血圧症があります。本態性の場合、遺伝や食塩の取り過ぎ、肥満、喫煙などの生活習慣の乱れが原因と考えられています。このため食事の塩分やカロリーを制限し、栄養バランスを考え、規則正しく1日3度食べるように心がけます。また油脂類の摂取にも注意し、魚類を除く動物性のものより植物性のものを利用するようにします。過度の飲酒や喫煙は避けます。
パイナッツプルは熱帯アメリカ原産の多年草です。パイナッツプルは糖分、クエン酸、リンゴ酸の他、食物繊維、A・B1・B2・C・Gのビタミンなど豊富な栄養成分を含んでいます。糖分はエネルギー転換が早く、ビタミン類は糖質の分解を助けるため、疲労回復に役立ちます。クエン酸やビタミンCは血液をサラサラにして血流を向上させ、動脈硬化や高血圧を改善します。更にパイナッツプルにはタンパク質分解酵素ブロメラインが含まれており、これが消化を助け、食物繊維と共に腸内環境を整え、便秘を予防します。また、甘味の割にカロリーが低く、肥満につながりにくいメリットがあります。
地竜とはミミズを乾燥させた生薬です。古くから解熱、利尿に効果があるとして民間で利用されてきました。地竜エキスは飲みにくい生薬である地竜をエキス化し、飲みやすく顆粒状にした製剤です。地竜エキスは突然の発熱や原因不明の悪寒・ひきつけなどに効果を発揮します。高熱状態をそのままにしておくと、体力を消耗し他の病気を併発する恐れがあります。このような場合、出来るだけ早めに地竜エキスを利用します。