高血圧症と肥満症の関係

肥満症の方の多くが高血圧症を引き起こすという統計があります。肥満と高血圧がどのように関係しているのか。高血圧症を軸に肥満との関係性を調査してみました。肥満でお悩みの方や高血圧で肥満がちな方は当サイトを見て十分注意していきましょう。

妊娠症のひとつである高血圧症と動脈硬化抑制について

いままで特別高血圧症ではないのに、妊娠症として高血圧症になったという女性もいます。これは妊娠をすることによって引き起こされる妊娠症であり、今のところ原因とその予防はわかっていません。ただでさえ妊娠をし体に負担を掛けている状態になっているうえで、高血圧症になりますので、しっかりとした管理をしなければ母子ともに危険な妊娠症になります。定期的な診察を必ず受けて、医師の指導を受けて対応することが求められます。

高血圧症の妊娠症の場合、治療といっても特別な治療をするわけでもなく、食事制限で塩分とコレストロール値などを気を付けながら調節をするのが一般的です。胎児に影響を与えない程度に血圧降下剤を使用することもありますが、よく知られているように胎児がおなかにいる場合は医薬品の服用に対し神経質にならなければいけませんので、医師の指導に従ってください。高血圧症の方と同じような治療ができないのが現状です。高血圧の妊娠症は妊婦さんになれば、誰でもなる可能性があります。定期検診の必要性が理解できるでしょう。

食事制限は動脈硬化抑制にも貢献します。コレステロールを摂取により、血管内がつまり動脈硬化になることがわかっています。食事制限を行うことで、動脈硬化抑制が出来ることがわかっていますので積極的に食事制限を取り入れるようにしましょう。そのほかの動脈硬化抑制はコレステロール降下剤を服用するという手段もありますが、副作用は強いことも指摘されていますので、医師の診察により判断されます。

高血圧症は動脈硬化になるわけではなく、動脈硬化が高血圧になることをまず意識して食事から動脈硬化にならないようにする生活環境を整えましょう。